申し込みブラックにならないために

申し込みブラックにならないために|お金を借りたいじゃん。

MENU

申し込みブラックにならないために

申し込みブラックとは

カードローンの申し込みで不安なことの一つが審査です。
審査に落ちてしまった時は誰でもショックを受けます。

 

お金を貸すことができないという烙印を押されたこともそうですが、せっかく苦労して申し込んだのに、また他社でやり直しです。そのため、中には手当たり次第にカードローンを申し込んで、審査に通ったところと契約しようという人もいます。

 

しかし、短期間に複数のカードローンを申し込むと、他社も含めて審査に一切通らなくなってしまいます。この状態が申し込みブラックです。

 

申し込みブラックに明確な定義はありませんが、目安として、半年以内に3社以上に申し込みをした時点で申し込みブラックになっている可能性が高いです。

 

申し込みブラックになってしまうと

カードローンやキャッシング、クレジットカードなどについては、申し込みをしたという情報も、信用情報として記録されます。この記録は、他社のカードローン側でも閲覧できるので、すでに他社で申し込みをしていた場合、全てばれてしまっています。

 

複数の会社に短期間で申し込むと、余程お金に困っていると判断されて、融資は危険だということになります。その為、どこの会社でも審査を通さなくなってしまいます。

 

一度申し込みブラックになってしまうと、しばらくは審査はあきらめるしかありません。

 

ただし、申し込んだという内容だけなら半年で記録から消えるので、半年経過すればまた申し込みができるようになります。

 

申し込みブラックにならないために

当たり前の話ですが、申し込みブラックにならないためには、複数のカードローンに短期間で申し込みをしなければいいのです。しかしそれでは審査の不安は解決しません。

 

そこで活用したいのが、仮審査です。

 

仮審査とは、例えば3秒診断やお借入れ診断と、名前は会社によって変わりますが、複数の簡単な質問に答えるだけで、融資できそうかどうかを簡易に診断してくれます。

 

ここでの入力項目は会社によって変わりますが、少なくとも住所や氏名などの個人情報を入力する必要はありません。ここがポイントで、個人情報が特定できない状態での仮の審査などで、何社試しても何度試しても、信用情報として記録に残ることがありません。

 

通常の申し込みや審査と違って、全くのノーリスクで試すことができるのです。

 

これはあくまでも目安であって、本審査の結果を保証するものではありません。

 

しかし、審査に何度も落ちると申し込みブラックになる可能性がある以上、仮でも受けてみた方が、目安を知ることができます。