カードローン選びでよくある失敗例

カードローン選びでよくある失敗例|お金を借りたいじゃん。

MENU

カードローン選びでよくある失敗例

カードローン選びでよくある失敗例

利用時には思いもしなかったデメリットがあって、カードローン選びを失敗した、そんなことが無いように、失敗例を知って備えておきましょう。

 

誰でも気になるのは、金利、知人バレ、審査といったところです。

 

金利の失敗例

最低金利に注目して、3.0%だから申し込んだのに、適用金利は18.0%だったという例があります。初めてのカードローンであれば、属性が良くても最高金利が適用されると覚えておきましょう、

 

金利が低くなるのは、借入れ額が少なくとも50万円を超えるあたりからです。

 

郵送物を嫁に開けられてカードローンがばれた

カードローンの申し込みをすると、郵送物が自宅に届くことがあります。

 

封書を見ただけでは、なんの会社だかもわからないように気遣いはされていますが、家族であれば封書を開けてしまう可能性もあります。家族ばれが心配なら郵送させずに自分で受け取るなり、郵送物なしのカードローンを利用するのがよいでしょう。

 

キャッシングなどを利用した記憶もないのに審査に落ちた

カードローンの審査で重視されるのは過去のキャッシングなどの履歴です。
そこに心当たりがないのに審査に落ちる場合、ありがちなパターンはいくつかあります。

 

  • 転職直後で勤続年数が短すぎる場合、
  • 過去半年以内に複数のカードローンに申し込みをしている場合、
  • 申し込み内容に間違い又は嘘があった場合、
  • 借入希望額が大きすぎる場合、
  • 携帯電話が止められている場合、

 

問題がないはずなのに、審査に落ちた場合には、まず上記に心当たりがないか考えてみましょう。

 

上記の中に原因があれば、どれも時間が経てば解決する問題なので、半年程度期間を空けてから再度申し込めば、あっさり審査に通る可能性があります。

 

借入れや返済の手数料が意外と大きい

今のカードローンはコンビニなどでも借入れや返済が可能です。
確かに便利ですが、その多くで利用手数料がかかります。

 

借り入れはともかく、返済にまで手数料をかけるのはもったいないことで、もしも毎月1万円を超える返済を続けると、4年程度で1万円の手数料がかかる計算になります。

 

コンビニのATMでも手数料がかからないカードローンもあるので、よく確認しておきましょう。

 

即日融資できなかった

即日融資と書いてあるのに、土日だったのでしてもらえなかった、申し込み時間が間に合わないから駄目だったり融資が翌日になってしまったというケースがあります。

 

即日融資の多くは無条件ではなく、曜日や手続き時間の制限があります。
本当に急ぎでお金が欲しい時は、必ず即日融資の条件を確認しましょう。