カードローンの返済に困った時にするべき事

カードローンの返済に困った時にするべき事|お金を借りたいじゃん。

MENU

カードローンの返済に困った時にするべき事

返済に困った時

カードローンの返済に困った場合、どうしたらいいのか焦ってしまいます。

 

返済には期日があるから尚更です。その日までにお金を用意しなければならないのに、用意できない焦りというのは嫌なものです。返済に困った時の対処法は大きく3つに分かれます。

 

  • 知人から借りるなり私財を整理するなりして用意する
  • 返済を遅らせる、もしくは減らしてもらう交渉をする
  • 他のキャッシングなどを利用して返済する

 

知人から借りるなり私財を整理するなりして用意する

これはあくまでも、返済に困った理由が一時的なものである場合に限ります。

 

たまたま今月だけお金のトラブルで出費が増えた、次回からはまた返済も問題なくできるという状態でなければ、知人にお金を借りても返済することができません。

 

一時的であれば、家にあるものを売ってお金を作るという手もあります。

 

また、短期日払いのアルバイトなどを見つけて、一時的にお金を稼ぐという手もあります。
インターネットを使えば、日払いの短期アルバイトも意外と簡単に見つけることができます。

 

返済を遅らせるもしくは減らしてもらう交渉をする

本当に困った時には、直接カードローン会社に交渉をするというのが王道です。
決められた返済額と返済日でも、支払うのが困難であれば相談に応じてくれることはあります。

 

カードローン会社から威圧的な取立てがこないか心配する人もいますが、それは昔の話で、今どき怖いお兄さんが取り立てにくるようなことはありません。

 

カードローン会社が一番リスクを負うのが、返済しないまま逃げ出してしまったり、債務整理されてしまうパターンです。返済計画の変更という点では、本人に返済する意思が残っているという見方もできます。そのためカードローン会社側でも柔軟に相談に応じてくれるパターンが多いのです。

 

同じ理由で、払えないからと言って何の連絡もせずに放置してはいけません。

 

返済が遅れるとまず連絡を入れることは、返済の意思があるというアピールをする上でも大切なことなのです。具体的には、当面は利息だけの返済にしてもらえたり、深刻な場合には金利の低減に応じてくれるケースもあります。

 

多くのパターンでは、今月だけ利息のみの返済にしてもらったりといった内容になります。

 

他からのキャッシングなどを利用して返済する

これは基本的に行ってはいけません。
多重債務になってしまうので、後々自分の首を絞めることになります。

 

今までの返済とは別に返済が発生しますし、根本的には何の解決にもならないどころか状況を悪化させているだけです。例外として有効な手段となるのは、より金利の低いキャッシングへの借り換えやおまとめの場合のみです。