無理のない返済をするためのコツとポイント

無理のない返済をするためのコツとポイント|お金を借りたいじゃん。

MENU

無理のない返済をするためのコツとポイント

無理のない返済計画を

よくあるキャッチフレーズに、ご利用は計画的に、というのがあります。
無理のない返済のコツを言ってしまえば、計画的に利用するの一言につきます。

 

ある程度の交渉はできたとしても、借り入れ金額が大きければ返済額も大きくなり、払う利息も大きくなります。当然生活費も圧迫することになるので、利用は本当に必要な時だけにしておくに越したことはありません。

 

毎月の返済額についての考え方

カードローンの返済方式については、各社違いがありますが、多く共通している点はあります。
カードローンを利用すると、各社の規定に沿った返済額が決まります。

 

多くのカードローンでは返済計画がわかりやすいように、毎月の返済額は4000円など、キリのいい数字になっています。一番簡単なのは、毎月決められた返済額をしっかりと返済することです。

 

これなら確実に完済には近づいていますし、自分で面倒な計算をする必要もありません。

 

例えば毎月4000円返済して、2年後に完済ですと言われれば、計画も立てやすいです。しかし、どうせ賢く返済するなら、この返済期間と返済金額を自分に合ったものに変えてしまいましょう。

 

返済額を増やすということ

返済額を増やすということは、返済期間の短縮に繋がるので、当然早く完済することができます。
余裕があるならば、返済額は大目に設定しておいた方が得をします。

 

利息というのは元金に対して算出されています。初めは借入れ金額が丸々元金ですが、返済を続けていけば元金が減っていきます。返済額が多ければ、元金の減りが早いので、利息もどんどん減っていきます。

 

支払い総額で見ると、返済額が大きい程少なくなるので得をするのです。

 

返済額を減らすということ

逆に返済額を減らすならば返済期間が長くなり、完済までの道のりが遠くなります。

 

ただし、返済額を減らせば毎月の負担は軽くなります。ただし、カードローンの利用において返済額を減らすということは、あまり賢い選択とは言えません。

 

カードローンの利用時に決められた返済計画は、元々が無理のないものに設定されています。

 

そうした方が、払う利息が増えて金融会社は儲かるからです。これの返済額をさらに減らすということは、返済期間も支払い総額も相当増えると考えるべきです。

 

元々高めに設定していた返済額を、ライフスタイルの変化によって減らすというのは問題ありません。元々低めに設定されている返済額をさらに下げるようなことをすると、いつまでたっても完済できません。

 

まとめ・・・結局利用しすぎないことが一番

結局、元々の借入れ総額を増やさないということが、無理のない返済のコツとしては、一番大切なことになります。カードローンが便利だからと言って、安易に借入れを繰り返している人もいますが、これをやってしまうと、返済額も期間も増えていく一方です。

 

本当に必要な時だけに利用するよう心がけることが大切です。