返済が遅れた時の遅延損害金とは?

返済が遅れた時の遅延損害金とは?|お金を借りたいじゃん。

MENU

返済が遅れた時の遅延損害金とは?

遅延損害金とは

通常のキャッシングには、月に1回、または35日に1回の返済日があります。
返済日には、キャッシング会社によって定められた最低金額以上の返済を行う必要があります。

 

返済に遅れてしまうと、遅延損害金が発生します。
遅延損害金とは、簡単にいうと、返済を滞納した時の罰則金のようなものです。

 

遅延損害金は、年利に対する日割り計算で請求されます。遅延損害金は早く返済すればするほど少なくなりますし、1日でも早く返済すれば、それだけ少ない損害で済みます。

 

止む無く返済が遅れる場合でも、損失をできるだけ抑えるためには、できるだけ早く返済することが大切です。遅延損害金の金利は、キャッシングの金利とは別に設定されています。

 

金利は各金融会社で設定しますが、ほとんどが年利20.0%で設定しています。

 

遅延損害金のデメリット

遅延損害金が発生すると、通常の利息とは別に遅延損害金の利息がかかります。

 

数日の遅れであればそれ程の金額にはなりませんが、長期間になると利息は大きく変わってくるので、迅速な対応が必要です。他にも、遅延損害金発生には重要なデメリットがあります。

 

支払いの遅延情報は、信用情報機関という所に記録として残ってしまいます。
信用情報機関の遅延情報は、クレジット契約などの審査に影響を与えます。

 

例えばクレジットカード発行時の審査だけでなく、キャッシングの審査や、銀行のローンの審査にも影響を与えます。どの審査でも、要するに判断するのは返済能力です。

 

今までに支払いをきちんと行わなかったという履歴は、審査を受ける上では非常にマイナスです。
場合によっては、今契約をしているクレジット契約の一括返済や契約解除という可能性もあります。

 

遅延損害金を発生させないために

遅延損害金が発生すると、高額な利息がつくだけでなく、信用情報に履歴が残り、他の銀行などの審査にも影響を与えます。そのため、キャッシングの返済の遅延を発生させないことが大切です。

 

その為には、返済計画をしっかり立てることと、返済日を忘れないことが大切です。返済計画については、家計の管理も大切ですが、必要以上に借り過ぎないことはそれ以上に大切です。

 

キャッシングの利用は、毎月無理なく返済ができる範囲にしておきましょう。

 

また、返済日を忘れないようにするために、返済日のお知らせサービスなどを活用しましょう。
特に毎月の返済日が同じではない場合、お知らせサービスを利用すれば、管理が容易になります。