銀行カードローンと消費者金融を比較してみる

銀行カードローンと消費者金融を比較してみる|お金を借りたいじゃん。

MENU

銀行カードローンと消費者金融を比較してみる

銀行カードローンと消費者金融

サラリーマンのお金の借入先として発展してきた消費者金融は、以前は団地金融、サラ金などと呼ばれていました。元々は個人向けのカードローンとして人気がありましたが、今は自営業者の利用者も多いです。

 

一方銀行はキャッシングよりも住宅ローンなどの高額商品を扱ってきました。

 

こちらもバブル崩壊後の不景気が続き、個人向けの少額カードローンに力を入れるようになりました。どちらも、正社員だけでなく、アルバイトやパート、自営業者でも手軽に利用できる少額のカードローンのサービスを行っています。利用者はどちらのカードローンがいいのか選ぶことができるようになったので、違いを知ることで有効なカードローンを利用することができます。

 

金利で比較

金利に関していえば、やはり銀行カードローンの方が低い傾向にあります。
上限金利を比較すると、消費者金融の上限金利は多くが18.0%です。

 

一方銀行カードローンの上限金利は銀行によって大きく変わります。

 

消費者金融と同じ18.0%に設定しているところもあれば、14.5%の所もあります。
金利の比較で言えば銀行のカードローンの方が好条件で借入れができます。

 

審査で比較

審査については、キャッシングの実績の長い消費者金融の方が有利です。
単純な審査の甘さだけでなく、審査時間の短さも魅力です。

 

消費者金融の場合、営業時間内であれば最短30分で審査が終わる所がほとんどです。

 

一方銀行のカードローンでも同じくらい審査が早い所もありますが、中には当日中に審査が終わらないカードローンもあります。それに、審査後すぐに融資を受けることができるとも限りません。

 

金利が低い分、銀行の審査は厳しくなるので、審査に不安がある、急ぎで審査を終わらせたいという人には、消費者金融の方が向いています。

 

利用しやすさで比較

利用のしやすさは、単純に銀行カードローンか消費者金融かで比較するものではなく、各社のサービスで変わってくる面もあります。ただし、傾向としては消費者金融の使い勝手の良さには、銀行カードローンよりも魅力があります。

 

カードローン利用者が便利に思うサービスを、積極的に導入してきたのが消費者金融です。
例えばネットから簡単に申込み手続きができるようになりました。

 

土日や祝日でもATM手数料が無料だったり、提携ATMをコンビニにも展開して、手軽に利用できるようにしたり、仮審査で申込み可能かどうかを即診断できるようにしたりと、積極的にサービスを展開しています。

 

銀行も会社によっては消費者金融とほとんど変わらない所も多くなってきましたが、まだ消費者金融程の水準にはなっていない銀行カードローンも多く残っています。