お金を借りる前に必要な心構えとは?

お金を借りる前に必要な心構えとは?|お金を借りたいじゃん。

MENU

お金を借りる前に必要な心構えとは?

申し込み前に必要な心構えとは

カードローンは、お金が必要な時にすぐにカードで引き出せるので、とても便利です。

 

しかし、便利なものには相応のリスクも伴います。カードローンを利用するときに必要な心構えは、リスクについて知ることから始まります。

 

カードローン利用のリスクとは

カードローン利用のリスクは大きく二つあります。

 

  • 一つは支出が増えてしまいがちになること。
  • 二つ目は借入れのし過ぎで返済が間に合わなくなること。

 

カードローンを利用して支出が増えてしまう理由は、自由に使えるお金が増えてしまうことです。
カードローンでお金を借入するのは、銀行のカードで自分の口座からお金をおろすのと似ています。

 

銀行と同じように残高がありますが、カードローンの残高は借入限度額で、自分の口座のお金とは全く違います。カードローンのお金はあくまでキャッシング会社のお金なので、いずれ返済をしなくてはなりません。

 

それでも簡単にお金を引出すことができるために、つい支出が増えてしまいがちになります。

 

もう一つのリスクは返済が間に合わなくなることですが、少額のキャッシングの場合、それ程返済も負担にはなりません。しかし、頻繁に借入れを繰り返せば、毎月の返済も段々と大きな負担になっていきます。キャッシングでは無理のない返済が鉄則と言われていますが、これには理由があります。

 

返済金額に余裕がない場合、ちょっとしたトラブルですぐに返済が間に合わなくなってしまいます。その為、余裕を持って返済ができるように利用しなくていけません。

 

リスク管理の方法とは

キャッシングを行うと、使いすぎと返済の負担の二つのリスクがあります。
これに対する対策として、最も大切なことは、利用は最小限に抑えることです。

 

欲しいものがある度にカードローンのお世話になっていては、あっという間に限度額に達してしまいます。いざという時には頼りになるカードローンですが、利用時には今が本当にいざという時なのかを、毎回考えてから利用しましょう。

 

もう一つ、余裕を持って返済計画を立てる方法についてですが、逆説的に聞こえるかもしれませんが、支払い金額が大きくなってでも、返済期間は短めに設定することで、リスクを減らすことができます。

 

返済期間が長ければ長い程、返済中にトラブルに合ってしまう可能性も高くなってしまうからです。極端な話、1カ月での返済であればそうそうトラブルもありませんが、40年かけて返済していくとしたら、トラブルがなかったなんてことはほぼありえません。

 

返済期間が長ければ利息も多くとられてしまうので、短い期間での返済の方がお得さでもリスク管理でも有利なのです。返済期間を短くすると月々の返済額が大きくなりますが、だからこそ利用は最低限にするべきなのです。