審査でみられる個人の信用情報とは?

審査でみられる個人の信用情報とは?|お金を借りたいじゃん。

MENU

審査でみられる個人の信用情報とは?

信用情報とは

信用情報とは、簡単に言うと取引の履歴です。例えばキャッシングを申込んだ日にち、借入れをした日にちと金額、返済をした日にちと金額などを信用情報と言います。

 

他にも、キャッシングやクレジットカードの審査を受けた履歴、その結果についても、信用情報です。割賦契約、要するに分割支払いやローンについての履歴も信用情報です。

 

キャッシングにおける信用情報は、キャッシングの審査の履歴、他社も含めた借入金額とタイミング、それに対する返済の履歴、滞納や未払いがあれば、その履歴も全てが信用情報です。

 

信用情報は、信用情報機関という所に記録として残されています。
ただし、全ての信用情報が永遠に記録されるわけではなく、期限が来ると消える情報もあります。

 

信用情報機関とは

信用情報機関とは、キャッシングなどの信用情報を登録し、記録に残している機関のことです。
日本に信用情報機関は4つあります。信用情報機関によって、加盟している機関が変わります。

 

全国銀行個人信用情報センター

略して全銀協、またはJBAと呼ばれています。全銀協では、銀行とその関連する銀行系クレジット会社、銀行系信用保証会社などが加盟しています。

 

割賦販売法・貸金業法指定情報機関

略してCICと呼ばれています。CICでは、銀行系を除く、信販系、流通系のクレジットカード会社が加盟しています。

 

全国信用情報機構

略してJICCと呼ばれています。JICCでは銀行系、流通系、信販系のクレジット会社などが加盟しています。

 

全国信用情報センター

略して全情連と呼ばれています。全情連では、消費者金融系の会社が加盟しています。

 

これらの信用情報機関の情報は、銀行やクレジット会社、消費者金融などが、いつでも参照することができるようになっています。あまり知られていませんが、個人でも自分の信用情報を信用情報機関に開示要求することができますが、どちらも有料でお金がかかります。

 

信用情報の影響とは

キャッシングの審査を受ける時には、信用情報は重要な情報として取り扱われます。
キャッシングでは、その人の生年月日や年収などの情報を入力してもらって審査を行います。

 

しかし、生年月日などの情報では、その人が返済に関して責任感のある人で、確実に返済してくれるかどうかはわからないのです。

 

そこでキャッシングの審査では先程挙げた情報機関の取引履歴から、融資してもいいかどうかを判断します。信用情報に滞納や未納があると、審査に通ることは難しくなりますし、嘘の申告が発覚してしまうと審査に落ちてしまいます。