えっ年収による制限がある?総量規制って?

えっ年収による制限がある?総量規制って?|お金を借りたいじゃん。

MENU

えっ年収による制限がある?総量規制って?

総量規制とは

総量規制とは、借り過ぎや貸し過ぎを防止するための規制です。
貸金業者は、年収の1/3を超える金額の貸付けが行えないように、総量規制で規制をかけています。

 

利用者視点で言えば、年収が450万円だった場合、カードローンが組めるのは総額で150万円までということになります。借入れ金額に制限をかけることで、生活を圧迫するような返済が起こらないように防止しています。

 

総量規制と実際の例

実際に自分がいくらまでならカードローンを組めるのかを知るには、
実例を見た方が理解しやすいでしょう。

 

例えば、現在のあなたの年収が300万円だとします。

 

この場合、年収の1/3は100万円なので、100万円までならカードローンを組むことができますが、100万円を超える場合には申込みの時点で断られてしまいます。

 

注意点として、ここでいう制限は他社も含めた借入総額という点です。例えば上記の例で、すでにA社に30万円、B社に20万円の借入れがある場合、カードローンが組めるのは50万円までとなります。

 

収入を証明する書類の提示

総量規制による規制は借入総額だけの話ではなく、条件によっては収入を証明する書類が必要になります。収入を証明する書類とは、納税証明書や所得証明書、他にも源泉徴収票や給与明細も収入を証明する書類として使うことができます。

 

ただし、いずれも最新のものに限るので、例えば3年前の源泉徴収票を見つけてきたとしても使うことはできません。収入を証明する書類が必要な条件は、借入金額が50万円を超える場合、または他社を含めた借入総額が100万円を超える場合の、どちらかを満たすと提出が必要になります。

 

銀行は総量規制の対象外

総量規制によって、大きな金額の借入れや、収入がない専業主婦などの借入れが難しくなりました。
ただし、銀行のカードローンは総量規制による規制を受けません。

 

銀行の場合は銀行法という法律の規制が適用されるので、総量規制の対象外となります。

 

ただし、それが直ちに、年収の1/3を超える金額のカードローンを組むことも、収入を証明する書類を提出することもないということにはなりません。総量規制の対象ではありませんが、その判断は銀行側に委ねられているという方が現実的です。実際に年収の1/3を超える金額の貸付けを行うことはリスクのあることなので、銀行の判断次第となります。

 

住宅ローンやおまとめローンについて

年収の1/3を超える金額のカードローンが組めないと、住宅ローンを組んでいる人は実質的にカードローンが組めないという理屈になりますが、実際には問題ありません。

 

総量規制には例外も設けられていて、例えば住宅ローンや自動車ローンは例外として計算の内に含みません。他にも、利用者にとってメリットしかないおまとめローンの場合も、すでに年収の1/3を超えていても組むことができます。