カードローンの借り換えで金利を安くする

カードローンの借り換えで金利を安くする|お金を借りたいじゃん。

MENU

カードローンの借り換えで金利を安くする

金利が高い場合に借り換えを検討

カードローンの金利は、金融会社によって変わってきます。

 

初めは便利だと思って利用していたカードローンの金利が、意外と高金利だったと思った時、借り換えで金利を安くすることを検討するのもよいでしょう。金利が低くなれば、毎月の返済にもそれだけ余裕ができますし、同額で返済していくならば早く完済できます。

 

借り換えのメリット

カードローンの借り換えのメリットは、何と言っても金利が低くなることです。
カードローンにおいて、金利が低くて困るということはありません。

 

チャンスがあれば積極的に検討してみましょう。

 

また、すでに複数のカードローンで借入れ中の場合、今いくら残債が残っていて、いつまでに完済できるのかの管理がしづらくなります。カードローンというのは不思議なもので、完済までの道のりが見えていないと完済するというモチベーションがなくなってしまいます。

 

結果ダラダラと借入れと返済を繰り返し、いつまでたっても返済が続くようなことになります。

 

これをおまとめローンへの借り換えでまとめてしまえば、返済額と残債、返済期間が一目瞭然になります。返済の手間も減りますし、完済までの道のりがはっきりするので、無駄な借入れも自然と控えるようになります。

 

その上、おまとめローンにすることで金利が下がる可能性が高いです。
金利はカードローン会社が設定していますが、借り入れ金額が大きい程低くなります。

 

おまとめローンは借入れ金額をまとめてしまうので、それだけ金額が大きくなり、金利も下がることが多いのです。

 

借り換えの注意点

一見いいことずくめのカードローンの借り換えですが、注意点もいくつかあります。
これは稀なケースですが、借り換えをした結果金利が上がってしまうケースも有ります。

 

現在複数のカードローンを利用していて、それぞれ金利が違う場合、総合すると借り換え後の金利の方が高かったということになれば、借り換えの意味がありません。

 

借り換えの場合、それをカードローン申し込み時に伝えても特にデメリットはありません。なので、ズバリ借り換えしたいと伝えてしまって、金利が安くなるのかどうかを相談してみましょう。

 

また、借り換えの結果、返済の使い勝手が悪くなるというケースもあります。

 

中には、今まで給料日直後の返済で楽だったのに、借り換えしたら給料日前が返済期日になってしまったというケースもあります。また、普段返済に利用するATMは使えるか、手数料が変わることはないかくらいは事前に確認しておきましょう。