より低金利でお得にお金を借りる方法

より低金利でお得にお金を借りる方法|お金を借りたいじゃん。

MENU

より低金利でお得にお金を借りる方法

低金利でお金を借りるメリット

賢くお金を借りるなら、金利は外せない条件です。
低金利でお金を借りるということは、かかる利息がそれだけ減るということです。

 

カードローンでは基本的にやり取りするのはお金です。

 

例えばコンビニのお弁当のように、選ぶものによって味が変わるわけではありません。
お金のやり取りであれば、単純に金利の違いが、カードローンの質の違いとなります。

 

低金利でお金を借りる条件

低金利でお金を借りる条件は、金利が低いこと、これは言葉のままです。
では金利は何によって変わってくるのか、これには二つのポイントがあります。

 

一つはカードローン会社の決めた金利です。

 

どのカードローンでも、必ず最低金利と最高金利があります。例えば金利4.5%〜17.8%の場合、最低金利が4.5%で、最高金利が17.8%、実際に適用される金利はその間のどこかとなります。

 

金利が変わるもう一つのポイントが借り入れ金額です。

 

金利は借入れ金額が大きい程低くなります。先程の金利の例でいえば、融資限度額いっぱいまで借入れした場合には最低金利の4.5%、30万円程度の少額カードローンであれば最高金利の17.8%が適用されます。

 

つまり、少額のカードローンであれば、最高金利の低い所を選ぶのが正解です。

 

金利3.0%〜18.0%と4.5%〜16.8%のカードローンを比較した場合比べるべきは最高金利です。最低金利が低いのは、融資限度額が大きいのが理由です。

 

融資限度額いっぱいの、800万円などの借入れをカードローンで行う人は稀なので、数十万円程度のカードローンであれば最高金利が適用されると覚えておきましょう。

 

金利の低いカードローンのデメリット

低金利で利用したいのであれば、最高金利の低いカードローンを探すのがコツです。
しかし、低金利であるが故のデメリットもあることを知っておきましょう。

 

最高金利の低いカードローンは、それだけ審査も厳しくなります。

 

金利が低い分、貸し付けたお金の回収ができなかった場合のリスクも高くなるので、審査はそれだけ慎重になります。そして、消費者金融は最高金利が高めに設定されているので、選ぶのは銀行のカードローンになります。

 

低金利のカードローンの場合、審査に時間がかかったり、カード発行まで日数がかかったり、一部の金融機関を除いて、提携ATMの利用手数料がかかったりと、使い勝手では消費者金融に劣ってしまいます。低金利のカードローンを選ぶなら、使い勝手についてもよく確認して申込みをしましょう。

 

特に、毎回高額な利用手数料を払うことになっては、低金利の意味がありません。