お金を借りる時に提出する必要書類は?

お金を借りる時に提出する必要書類は?|お金を借りたいじゃん。

MENU

お金を借りる時に提出する必要書類は?

お金を借りる時に必要な書類とは

キャッシングでお金を借りるためには、手ぶらで行うことはできません。
何故なら、キャッシングの手続きには、必ず本人確認が必要だからです。

 

確かに本人だと証明できる書類として、免許証が必要になります。

 

免許証は警察が発行しているもので、信憑性が高く、顔写真付きなので、多くの手続きの本人確認書類として有効です。キャッシングの手続きにおいても例外ではありません。

 

簡単に用意できて、有効な書類としては、免許証が一番頻繁に利用されています。

 

免許証がない場合

日本では免許証を持っている成人の割合は多いですが、全員が持っているわけではありません。
免許証がない場合でも、他の書類で本人確認を行うことができます。

 

ただし、本人確認ができれば何でもいいというわけではなく、容認されている書類もキャッシング会社によって多少は変わります。社員証や診察券の類はまず認められません。

 

免許証以外の本人確認書類として有効なのは、パスポートがあります。
顔写真付きで国が発行しているものなので、これも免許証同様に本人確認書類としては理想的です。

 

住民基本台帳カードも顔写真付きのものがありますが、この場合は、住所を証明する書類が別に必要な場合があります。これは、免許証と比べて更新期間が長いためで、住所が最新のものでない可能性があるからでしょう。その場合には住民票など、住所を証明するための補助書類が必要になります。

 

また、保険証の場合も、これだけでよい場合と補助書類が必要な場合とに分かれます。

 

保険証には顔写真がありませんが、社会保険なら働いている証明になる場合もあります。
その為、保険証のみで良しとするキャッシング会社も多いです。

 

本人確認書類以外に必要な書類とは

本人確認書類以外にも、必要な書類を求められる場合があります。
一つは先程の住所を証明する補助書類です。

 

これは手続きをする前に、必要になりそうなら事前に、電話で確認をしておくべきでしょう。
他にも、収入を証明する書類の提出を求められる場合もあります。

 

単純に借入れ金額が多い時や、すでに他社でたくさんの借入れをしている場合などに、キャッシング会社から求められます。収入を証明する書類とは、直近(場合によっては2カ月分)の給与明細や所得証明書、源泉徴収票、納税証明書などがあります。

 

これら全てが必要というわけではなく、内1つあればいいので、揃えられそうなものをもっていきましょう。ただし、初めてのキャッシングであれば、高額でない限りは収入を証明する書類まで求められる可能性は低いです。