保証人なしで借りたいけど保証人って必要?

保証人なしで借りたいけど保証人って必要?|お金を借りたいじゃん。

MENU

保証人なしで借りたいけど保証人って必要?

保証人とは?

保証人になったのがきっかけで多額の借金を背負ったという話は、昔からよく耳にします。

 

保証人とは、債務者が返済不能になった場合に、替わりに債務の責任を負う役割を担う人のことです。もしもお金を借りた場合、自分が返済不能になった場合は、保証人に請求が行ってしまいます。

 

保証人の中でも、特に連帯保証人は特に責任が厳しいです。

 

通常の保証人の場合、もし債権者が保証人の元に取り立てにきても、債務者が健在なら債務者に取り立てに行くよう主張することができます。しかし、連帯保証人になってしまった場合には、債務者から絶対に取り立てができない状態ではなくとも、連帯保証人に対して支払いの義務が生じます。

 

その為、特に連帯保証人にはなるべきではありませんし、こちらがお金を借りる側の場合に、保証人を探すのも並大抵の難易度ではありません。

 

キャッシングに保証人は不要

ありがたいことに、現在の多くのキャッシングでは、保証人が不要で手続きが可能です。
これは消費者金融だけでなく、銀行カードローンでも同じです。

 

住宅ローンなどと違い、少額のキャッシングでは、わざわざ保証人を探す必要がなく、申込みが可能です。通常保証人を探すのは、とても大変な作業です。

 

両親などの親族がいなければ、そうそう保証人を見つけることはできないでしょう。

 

キャッシングでは、保証人だけでなく、担保も必要ありません。ローンと違って、直接現金だけのやり取りのキャッシングでは、担保不要なことも大きなメリットになります。

 

保証人不要の理由とデメリット

保証人も担保も不要なキャッシングは、手軽に利用することができます。

 

実際に保証人も担保もない状態で、キャッシング会社はどうやって、回収不能の債権の回収をするのか、これについてはきちんと対策を立てています。

 

現在のキャッシング会社は、別に保証会社を立てています。要するに、キャッシング利用者の代わりに、銀行などに保証人の代わりのような役割をお願いしているようなものです。

 

保証人にあたるものが全くないのではなく、キャッシング会社側で用意しているような格好になります。
ただし、保証人不要というのもメリットばかりではありません。少なからずデメリットもあります。

 

まず、保証人や担保不要のキャッシングでは、大きな金額の借入れができません。

 

また、保証人不要な分、金利はどうしても高めになってしまいます。
ただし、金利が高いとしても、少額のキャッシングであればかかる利息もそう多くはなりません。