申し込みの時に入力する使用目的には何を書くべき?

申し込みの時に入力する使用目的には何を書くべき?|お金を借りたいじゃん。

MENU

申し込みの時に入力する使用目的には何を書くべき?

キャッシングの使用目的は自由

キャッシングとローンの最大の違いは、使用目的が自由かどうかです。

 

ローンの場合、自動車ローンや住宅ローン、教育ローンのように、使い道が決まっている前提でのローンとなります。特に自動車ローンや住宅ローンのように、購入を伴うローンにおいては、余分に融資してもらってお小遣いにするといったような使い方はありません。

 

一方で、キャッシングの場合や、借入れしたお金は、基本的に自由に使えます。

 

買い物はもちろん、例えば領収書も何も出せない、お年玉のための費用として使ってしまっても問題ありません。キャッシングの場合は、基本的に使用目的は自由なのです。

 

キャッシング申込みで聞かれる使用目的

使い道が自由なことはキャッシングのメリットであり、だからこそ様々な用途で役に立ちます。
しかし、申込みの手続き時には、必ず使用目的について答えることになります。

 

自由に使えるのだから、使用目的なんて聞いてどうするのかと不思議に思うかもしれません。
しかし、使用目的の内容は、融資を行うかどうか判断するための材料となります。

 

つまり、ここで回答を間違えてしまうと、審査に落ちてしまう可能性があるということです。

 

ちなみに使用目的について、融資後に領収書を用意する必要もありませんし、キャッシング会社が実際の使い道の履歴について調査することもありません。

 

また、2回目以降の借入時に、その都度使用目的を問われることもありません。

 

答えとして問題がない使用目的とは

使用目的として無難なものは、レジャー目的や商品購入などです。

 

遊び目的でキャッシングを利用なんていいのだろうかと思うかもしれませんが、生活費自体が足りているのであれば、きちんと返済してくれるという判断ができます。
他にも、生活費の為という理由でも大丈夫です。

 

生活費が足りないという理由は、返済能力に疑問を持たせる理由になるのは確かです。

 

しかし、実際のキャッシング利用者の半分くらいは生活費などの補填目的でキャッシングを利用しています。つまり、生活費目的というのは想定の範囲内なのです。

 

答えとして問題がある使用目的とは

これは記入すべきではない使用目的もあります。違法性のあるものはもちろんダメですが、合法のものでも、ギャンブル目的での使用目的はNGです。

 

ギャンブルに使うお金をキャッシングで借りるという時点で、金銭感覚としてはきちんとしているとは見てもらえません。また、これはキャッシングの使用目的として大丈夫なのだろうかと悩むならば、欲しいものや生活費など、大まかな回答でも特に問題ありません。