収入証明書って必要?収入証明書なしで借りるには?

収入証明書って必要?収入証明書なしで借りるには?|お金を借りたいじゃん。

MENU

収入証明書って必要?収入証明書なしで借りるには?

収入証明書とは

キャッシングの手続きで必ず必要になるのは、本人確認書類です。
基本的には免許証や保険証やパスポートのどれかがあれば特に問題はありません。

 

ただし本人確認書類の他にも、条件によっては収入証明書類が必要になる場合があります。
収入証明書類とは、働いて得ている収入を証明できる書類です。

 

一例を挙げると、源泉徴収票は収入証明書の一つです。キャッシングの審査では、本人に返済能力があるかどうかを判断します。返済能力を見るにあたって、本人の収入はとても重要な項目です。

 

収入証明書があれば、本人が収入を得て働いていることと、どれくらい収入を得ているのかの両方が確認できます。収入証明書として有効な書類は様々です。

 

源泉徴収票の他にも、所得証明書や給与明細や、納税証明書なども収入証明書として有効です。
ただし、全て直近のものである必要があります。

 

必ず必要なのか

収入証明書は、キャッシングの手続きにおいて必ず必要というわけではありません。
寧ろ、初めてお金を借りる手続きを行う場合には、収入証明書が不要なケースの方が多い位です。

 

貸金業者は総量規制という法律の規制を守らなくてはいけません。
総量規制では、収入証明書が必要な条件についても規定しています。

 

消費者金融の場合(アコムとかプロミスとか)

 

借入金額が50万円を超える場合には、収入証明書の提出が必要です。また、50万円に満たない場合でも、他社を含めた借入総額が100万円を超える場合には同じように収入証明書の提出が必要です。

 

銀行カードローンの場合(三菱UFJ銀行カードローンとか)

 

銀行カードローンの場合は消費者金融と違って収入証明証が不要なケースが多くなっています。100万円未満なら収入証明書不要にしている会社が多くあります。中には幾らでも不要な所とか、300万円未満なら不要とか各社の設定によります。

 

初めてのキャッシングで収入証明書が不要なケースが多い理由はここにあります。

 

キャッシング自体初めてであれば、他社の借入れはない状態ですし、初回の申込みで50万円を超える限度額をもらえるケースは少ないからです。ただし、最初から50万円を超える金額のキャッシングが必要な場合は、収入証明書を用意して手続きに行った方がいいでしょう。

 

収入証明書なしでお金を借りる方法

総量規制によって、消費者金融でお金を借りる場合には50万円を超える場合や、他社含めた総額が100万円を超える場合には収入証明書が必要になります。

 

どうしても収入証明書を用意するのが嫌だという場合、実は収入証明書不要でキャッシング手続きをする方法があります。そもそも総量規制は、貸金業者に対する規制なのですが、銀行は対象外となり、規制を受けません。

 

銀行業務は特殊なため、銀行法という別の法律によって規制されています。

 

つまり、消費者金融ではなく銀行カードローンを利用すれば、50万円を超える金額であっても、収入証明書不要でキャッシングができる場合があります。銀行の場合、各社で収入証明書が必要な条件が異なるので、事前に確認をしてみましょう。