他社の借り入れがあるけど正直に書きたくない・・・

他社の借り入れがあるけど正直に書きたくない・・・|お金を借りたいじゃん。

MENU

他社の借り入れがあるけど正直に書きたくない・・・

他社の借入件数とキャッシング

キャッシングの申込み時には、他社の借入件数についても答える必要があります。
実はキャッシングの審査では、他社の借入件数が大きく影響を与えます。

 

借入件数0であれば理想ですが、件数が多い場合には審査に落ちる可能性が高くなります。
特に3社を超えた場合には、審査に通るのは難しくなります。

 

実際に他社でも借入をする状況を想像すると、その理由が理解しやすいと思います。

 

現在A社で借入れしているとして、もう少したくさん借りられるようにしたい場合、一番手っ取り早いのが増額の申込みです。増額してもらえれば、わざわざ手間をかけて、他社で申込みなどする必要がありません。

 

同じカードで借入れ返済ができた方が、管理もシンプルで簡単です。

 

しかし、増額に応じてもらえなければ、他社で審査を受けて、複数社からの借入れにするしかありません。つまり、数社で借入れをしているということは、同じ会社のキャッシングの増額を断られている可能性が高いと判断されてしまうのです。

 

1社あたりの金額がたとえ少なくても、借入件数が多いと審査に通りにくいのはこのためです。

 

借入件数は正確に記入する

借入件数については、必ず正確な件数を記入しましょう。
借入件数が多いと審査に不利にはなりますが、嘘の申告はそれ以上に不利になります。

 

そして、嘘の申告自体が、あまり意味がありません。

 

現在どこでいくら借入れしているのかについては、信用情報機関に記録されています。

 

嘘の申告をしたとしても、信用情報機関の情報から必ず嘘がばれてしまうのです。
その為、借入件数は正確に記入する必要があります。

 

借入件数に自動車ローンは含まれるのか

借入件数を記入しようとして、今組んでいる自動車ローンは含まれるのか等、悩んでしまう点も出てくるでしょう。不安な点については、直接キャッシング会社に問い合わせるのが確実です。

 

実際には、借入件数は消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシングの件数の合計という認識で大丈夫です。ここでは住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードのショッピング枠はカウントに含む必要はありません。

 

そして、もしクレジットカードのキャッシング枠があったとしても、利用をしたことがない、もしくはすでに完済して残債が残っていない場合は、これもカウントに含む必要はありません。

 

あくまでも、現在残債が残っている、キャッシングの件数のみを記入すれば大丈夫です。