審査

審査|お金を借りたいじゃん。

MENU

審査

カードローンの自動審査とはカードローンの審査時間は短くなりました。今は審査時間が最短30分のカードローンもたくさんあります。審査時間がここまで短縮できるのは、自動審査を利用しているためです。申し込み手続き時に入力した項目を元に、コンピューターですぐに結果を出すことができます。自動審査では、全ての項目を点数化します。例えば雇用形態では、公務...

カードローン審査での重要ポイントカードローンの審査では様々な項目を判断材料としています。全ての項目をチェックして、審査に通りそうかどうかを判断するのは大変ですが、どこが優先的に重視されるのかを押さえておくだけなら簡単です。カードローン審査で重視される項目は、以下のようになっています。1.信用情報や借入件数などの履歴2.雇用形態3.勤続年数...

カードローンの審査は短ければ30分カードローンの宣伝文句で、審査は最短30分というのがありますが、これは本当です。初対面の人間相手に、保証人や担保もないにも拘らず、そんなに簡単に審査して大丈夫なのかと思いますが、サービス向上の為にカードローン会社は自動審査を採用しています。今までのキャッシングの実績を参考にして、各カードローン会社は審査内...

在籍確認の電話とは審査時にカードローン会社が気を付けていることの一つに、申告の虚偽があります。審査では、申告内容を元にして融資の判断を行います。虚偽の報告をされてしまうと、本来リスクの高い人にお金を融資してしまうことになります。特にわざと虚偽の報告をしている場合であれば、全く返済能力がなかったという可能性もあります。特に働いて収入を得てい...

在籍確認まで進めば安心できるのかカードローンの申し込みでは、在籍確認まで進めば審査はほぼ完了です。審査では、申告内容を参考にして、融資可能かどうかを判断します。通常ここで融資不可能と判断された場合、在籍確認の電話無しで審査落ちの連絡がきます。つまり、在籍確認の電話が来るということは、属性的には審査に問題がなかったということです。在籍確認は...

申し込み時の質問への回答について審査に通るためには、申し込み時の質問への回答を間違えないようにしましょう。絶対にしてはいけないのが記入ミスです。住所や生年月日などの不備があると、それだけで審査に落ちてしまうケースもあります。また、年収や借入れ件数の部分には虚偽の数字を入れないようにしましょう。記入ミスや申告の虚偽は、審査では厳しい対応をさ...

勤続年数と審査に与える影響勤続年数が長い方が、審査には有利に働きます。長い方が有利だということに、特に説明は不要でしょう。問題はどれ位の勤続年数があればいいのかです。各カードローン会社によって、審査基準は変わりますし、勤続年数だけで審査結果が出るわけではありません。なので一概には言えませんが、一つの目安として1年以上の勤続年数があれば十分...

カードローンの審査に通らないケースカードローンの審査は、心配するほど厳しいものではありません。安定した収入があり、それなりの勤続年数があり、返済事故などがなければ、大体審査は通ります。しかし、中には色々な理由で審査に落ちてしまうケースもあります。これからカードローンの申し込みを考えているなら、どのような理由で審査に落ちることがあるのかは知...

審査に落ちてしまったらもしもカードローンの審査に落ちてしまったら、まずするべきは、他社のカードローンへの申し込みではありません。少なくとも審査に落ちてしまうのには何かしらの理由があるはずです。これを確認せずに闇雲にカードローンの審査を受けても、全て落ちてしまう可能性もあります。審査に落ちてしまったらまずやるべきことは、審査に落ちた原因の追...