カードローンの審査にかかる時間は?審査が早いのはどこ?

カードローンの審査にかかる時間は?審査が早いのはどこ?|お金を借りたいじゃん。

MENU

カードローンの審査にかかる時間は?審査が早いのはどこ?

カードローンの審査は短ければ30分

カードローンの宣伝文句で、審査は最短30分というのがありますが、これは本当です。

 

初対面の人間相手に、保証人や担保もないにも拘らず、そんなに簡単に審査して大丈夫なのかと思いますが、サービス向上の為にカードローン会社は自動審査を採用しています。

 

今までのキャッシングの実績を参考にして、各カードローン会社は審査内容をスコアリングによって簡略化しています。要するに、その人の入力したデータ内容を元に、審査用の点数を出します。

 

それに応じて、キャッシング可能かどうか、そしていくらまでなら融資してもよいかを点数で判断します。点数化するならプログラムを使ってあっという間に算出できるので、審査時間は短縮できます。

 

最短30分で審査が終わるカードローンでは、基本的にスコアリングによる判断を採用しています。

 

自動審査だけではない

この理屈で言うと、入力完了時点で審査が完了できそうですが、実際にはそれだけでは融資を決定しません。スコアリングの結果がギリギリの範囲だった場合や、申告内容の確認の為に、人間が審査に関わる部分もあります。

 

これらはどうしても人間が判断することになるので、最短でも30分はかかるのです。

 

そしてここが、審査が長引く可能性がある原因でもあります。例えば申込者が殺到している場合や、判断が難しい場合には、30分以上の時間がかかることがあります。

 

審査が翌日以降までかかるケース

最短30分の審査でも、結果が出るのが翌日以降になるケースがあります。

 

まず、審査にも営業時間があります。カードローン会社によって営業時間は変わりますが、大体20時を過ぎると審査は翌日以降になってしまいます。

 

また、電話確認で応答が取れなかった場合にも、審査結果は翌日以降にずれ込むことになります。
どうしても当日中に審査をして欲しい場合には、時間に余裕を持って手続きを行うべきです。

 

審査時間短縮の裏技

審査時間を短くするには、早めの申込みが必須です。
本当に急ぎの時には、審査時間を短くする裏技もあります。

 

急ぎで審査を終わらせてほしい旨を、電話で直接お願いするのです。

 

例えば銀行業務が終わるギリギリでの手続きの場合や、職場への在籍確認の電話が取れない状況の時など、電話で審査時間短縮のお願いをすれば、対応してくれることがあります。

 

例えば在籍確認の電話を免除してもらえたり、優先的に審査対応をしてもらえることがあるので、本当に急ぎの時は、手続き時に必ず電話もしておきましょう。

 

審査が早いカードローン一覧

 

消費者金融

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

銀行カードローン