在籍確認で審査に落ちるケースはこんな時

在籍確認で審査に落ちるケースはこんな時|お金を借りたいじゃん。

MENU

在籍確認で審査に落ちるケースはこんな時

在籍確認まで進めば安心できるのか

カードローンの申し込みでは、在籍確認まで進めば審査はほぼ完了です。
審査では、申告内容を参考にして、融資可能かどうかを判断します。

 

通常ここで融資不可能と判断された場合、在籍確認の電話無しで審査落ちの連絡がきます。

 

つまり、在籍確認の電話が来るということは、属性的には審査に問題がなかったということです。在籍確認は審査の最終確認的な位置づけであり、ここで問題がなければ、ほぼ申し込みは確定します。

 

在籍確認で審査が通らないケース

せっかく在籍確認までいったのに、ここで引っ掛かってしまうケースもあります。
在籍確認の電話では、本人が電話に出られなくても、在籍さえ確認できれば問題ありません。

 

しかし、現在は個人情報について厳しく対応している会社が増えています。

 

例えばカードローン会社の人が会社に電話をかけても、社員が在籍しているかどうかさえ答えてくれないケースもあります。普通に考えれば、会社員に電話を代わってもらえないかどうか聞くだけなら、普通に不在の回答がきそうなものです。

 

しかし、不在かどうかだけでなく、その社員が存在するかどうかすらも答えてもらえないのです。
これでは在籍確認がとれず、審査の結果もNGになってしまいます。

 

在籍確認が取れない会社の特徴

普通に考えれば、社内の人間に取り次いで欲しいといって、在籍しているかも教えられないでは仕事になりません。それでも相手が個人名で、肩書などもない場合には、取次ぎを断る会社はあります。

 

特に厳しいのは、派遣会社です。

 

大量の個人情報を管理することになるので、派遣会社では特に個人情報の開示に厳しいことが多いです。カードローンの審査で、在籍確認の電話は派遣先の会社にかかってくるのか派遣元の会社にかかってくるのか、これは派遣元の会社にかかってくるのが通例です。

 

派遣先であればまだ確認が取れるかもしれませんが、直接顧客とやり取りすることのない派遣元では取次ぎできなくてもそれ程支障は出ません。派遣社員でカードローンを申し込む時には、在籍確認がうまくいかずに審査に落ちる可能性も考えなくてはいけません。

 

派遣の人は後悔する前に対策を

せっかく在籍確認まで進んだのに、最後の最後で落ちてしまわない様、取れる対策はとっておきましょう。例えば派遣元に事前に連絡をしておくなどです。

 

カードローンと正直に言わなくても、クレジットカードの審査の電話と言っても問題ありません。在籍確認の電話では、それがカードローンなのかクレジットカードなのかは判別できないからです。

 

派遣元への電話が難しいならば、電話連絡なしで借りれるカードローン会社を使うのも手です。

 

電話連絡なしで借りれる可能性が高いカードローン

 

特定の銀行口座があればOKになるケースあり