15時以降であっても即日でお金を借りる裏ワザ

15時以降であっても即日でお金を借りる裏ワザ|お金を借りたいじゃん。

MENU

15時以降であっても即日でお金を借りる裏ワザ

即日キャッシングの裏技

即日キャッシングの多くは、14:00までに手続きを終えていることを条件に、口座に直接お金を振り込んでもらえます。これは銀行業務が15:00で終わってしまうためです。

 

しかし、15:00以降であっても即日でお金を受け取る裏ワザがいくつかあります。

 

例えばSMBCモビットなら14:50を過ぎてしまっていても、ローン申込機でカードを受け取るようにすれば、即日融資が可能になっています。14:50までに手続きを終了すれば当日中の振込も可能になっているので即日融資に向いているキャッシングですね。

 

15時以降にお金を借りるならココ↓

お金を借りたいならSMBCモビット

 

15:00以降であっても即日でお金を受け取る裏ワザはこちら↓

 

提携銀行の口座に振り込んでもらう方法

銀行のカードローンはもちろん、消費者金融でも提携している銀行があるところが多いです。

 

1例としてアコムを挙げますが、アコムの場合、ネットからなら14:00までに手続きを始める必要があります。そのままの言葉で受け取れば、14:00を過ぎてから手続きを始めても、即日融資してくれなそうですが、ネットを通して、初めての申し込みであれば、振込み時間を延長してくれます。

 

通常銀行業務は15:00で終わりですが、三菱UFJ銀行、または三井住友銀行、またはゆうちょ銀行のどれかの口座への振込みであれば、平日に限りですが、18:00までの受付であれば即日融資が可能です。この場合、振込みは19:00までであれば対応してもらえます。

 

これは急ぎでお金が必要な時に、知っているのと知っていないのでは大きく差が出る情報です。

 

ネットで申し込みを済ませて契約機で直接お金を受け取る方法

これも対応しているカードローンとしていないカードローンがありますが、ネットで事前に申し込みと審査まで進めておくという方法があります。14:00に間に合わなくても、審査まで終わっていれば、最後の契約書とカードの受取りは無人契約機でも行うことができます。

 

ネットで手続きをして、無人契約機で契約をするという方法ですね。

 

この方法なら、無人契約機のカード発行の営業時間内であれば即日でお金を引出すことができます。
初めから無人契約機で手続きから行うと、どうしても時間がかかってしまいます。

 

これだと時間のかかる審査などは事前に済ませてあるので、仕事が終わった後に急いでカードを受け取って、すぐに使うことができます。

 

審査時間を早めてもらう方法

どうしても即日でお金が必要だが、15:00までに審査が終わるか不安だ、そんな時に使える裏技は、直接正直に相談することです。そんなことで時短ができるのなら苦労はしなさそうですが、実際に多くの金融会社はこういった相談に柔軟に対応してくれます。

 

1例を挙げると、15:00までに在籍確認の電話を済ませたいが、定休日で電話に出られる人がいない場合、替わりに給与明細などをの提示で在籍確認の電話の替わりとしてくれることがあります。

 

緊急時には、電話での相談というのは意外と効果のある裏ワザになるのです。